学校法人 聖公会北海道学園

 
(施設型給付幼稚園)

保育基盤と保育方針


 
 聖ルカ幼稚園は、今から60年前、日本聖公会北海道教区苫小牧聖ルカ教会付属幼稚園として誕生いたしました。キリスト教の精神のもとに「神さまと人に愛されていることを感謝できる子どもに育てたい」との思いを込めて始まりました。ひとりひとりがそれぞれの個性を生かし、認め合いながら共に歩んでまいりたいと思います。

・豊かな感性をつくる
・健やかな心と体をつくる
・優しい心、思いやりの精神を

 幼稚園は家庭から離れて子どもと先生が出会う初めての学校です。教育の基礎を培う(つちかう)場として毎日の生活の中から様々な体験をし、時にはぶつかり合い葛藤することを繰り返しながら、楽しい幼稚園生活が送れることを望んでいます。
 また、自然に親しみ生命の尊さを知り、人を愛し、子どもたちが未来に向かっていけるよう「子どもの心を守っていきたい」と願っています。
 どんな人でもみんな神さまの子どもだから、清く尊いのです。その精神のもと、共に過ごすことによって、子どもたちは確かな成長へと導かれるでしょう。

保育方針を支えるもの

本物に触れる

 
 子どもには、どの子にも生まれながらにすてきな感性が備えられていて、その感性は本物に触れることで豊かに成長すると言われています。
 本物に触れるとは、海や山、湖や川、木や花などの「自然」、動物や虫などの「小さないのち」、絵や音楽などに触れ、そして人と触れ合うということです。
 しかし、わたしたちは、それらを子どもに与えるだけでは不十分であるとも考えています。なぜなら、子どもの感性が豊かに成長するためには「一緒に感動してくれる大人が最低一人は必要」(注1)だからです。
 そのため聖ルカ幼稚園では、大人と子どもが共に感動する機会をたくさん作ろうと考えています。親子遠足では、自然の中へ出かけて原っぱを親子が一緒に走り回ったり、果樹園へ行ってぶどう狩りをしたりしました。
 「本物」に触れ、そして一緒に感動してくれる大人がいる。その時、子どもたちの感性は豊かに成長します。

礼拝


 
 毎週、聖ルカ教会礼拝堂において礼拝をします。チャプレンから聖書のお話を聞き、聖歌を歌い、静かにお祈りをささげます。また毎朝各クラスでもお祈りを行っています。祈りから始まり、祈りで終わる幼稚園です。
 目に見えないものに対して畏れ敬う気持ちを持ち、神さまがいつも一緒にいて下さることに感謝して、毎日を過ごしています。

保育料について(2017年度)

 

項 目  納付時期 納付金額 備考
検定料 入園手続時 5,000円 入園手続時、入園申込書と共にお支払い願います。
行事費(年額) 一日入園時、および毎年4月 15,000円 二人のお子さんが在園されている場合、二人目のお子さんは免除です。
制服代 一日入園時 約8,500円 園児服(冬用)、リュック
帽子(夏用・冬用) 
保育用品代 一日入園時 約8,500円  
保育料(月額) 毎月10日
(苫小牧信用金庫からの
自動引落) 
苫小牧市の定める金額
※上限19,000円 
保護者の世帯収入に応じて苫小牧市が定める金額
絵本代(月額) 毎月前月末まで 約500円/月 個人によって異なります
バス代 毎月前月末まで 2,800円(往復利用)/月
1,400円(片道利用) /月
バス利用者のみ
 二人のお子さんがバスを利用されている場合、二人目のお子さんのバス代は免除です。
給食代 毎月前月末まで 約1900円/月 火・木の週2回の給食です。
保護者の会会費(月額) 毎月前月末まで 未定  金額は新年度の保護者の会総会で決まります。きょうだい免除はありません。

 


 
※苫小牧聖ルカ幼稚園は2015年5月より、子ども子育て新制度による施設型給付幼稚園に移行いたします。
 そのため保育料は「保護者の世帯収入に応じて苫小牧市が定める金額」となります。ただし、表に記載した19,000円が上限となり、その金額を超えることはありません。その代り、従来支給されていた、就園奨励費は廃止となりますのでご注意ください。

預かり保育について

 聖ルカ幼稚園では、預かり保育を実施しています。保育終了後、午後6時までの時間を幼稚園で過ごすことができます。

 預かり保育 利用料
 1日400円(午前保育の日は600円)
 ※ 月極めで申し込んでいただいた場合は6,000円となります。

 夏休み、冬休み、春休みにも実施しています。実施日、時間、料金につきましては、その都度お知らせいたします。